Original

GoogleアナリティクスとDSP連携してできるマーケティング施策

Googleアナリティクスは、コンバージョンまでのボトルネックやサイトの問題点を抽出するなど、サイト担当者にとっては非常に有益なツールです。さらに、GoogleアナリティクスはDSPと連携する事で、デジタルマーケターにとっても有益なツールとなります。

参考:
DSPとは - Webマーケティング用語|ferret [フェレット]

例えば、リマーケティング広告は、一度サイトを訪問したユーザーに対して広告で再び訴求ができるため、コンバージョンの可能性が高いユーザーを狙うことができます。また、GoogleアナリティクスはGoogleが開発した様々なツールと連携する事で、効果的なマーケティング施策が実施できます。

今回は連携の設定手順と、実施可能な施策についてご紹介します。

AdWordsとGoogleアナリティクスを連携する

まずはAdWordsとGoogleアナリティクスを連携する手順をご紹介します。AdWordsはGoogleが広告主に対して提供する、クリック課金広告サービスです。ユーザーに対して広告を配信しサイトに集客する事が出来ます。実際にGoogleアナリティクスとAdWordsを連携してみましょう。

 

Step1:
AdWordsアカウントを用意

Step2:
Googleアナリティクスにログイン

Step3:
管理を選択、「AdWordsのリンク設定」を選択

Step4:
新しいリンクグループを選択

Step5:
対象のAdWordsアカウントをチェックし、続行を選択

Step6:
データを投入するビューを選択し、「アカウントをリンク」を選択

 

以上がAdWords連携の手順です。連携したAdWordsのデータが自動的に選択したビューへ投入され、GoogleアナリティクスからAdWordsへもデータが連携されます。次から、

AdWordsで可能となるマーケティング施策をご紹介します。

リマーケティングリスト作成

 リマーケティング広告に使用するユーザーを抽出します。このユーザーの集まりをリマーケティングリストといいます。このリマーケティングリストを連携したAdWordsに送ることで、サイト訪問済みユーザーに広告を配信できます。以下に詳しい手順を記載します。

 

Step1:
Googleアナリティクスにログイン

Step2:
管理を選択、「ユーザーリスト設定」から「ユーザーリスト」を選択

Step3:
「新しいユーザーリスト」を選択

Step4:
移行先アカウントから、リマーケティングリストを作るAdWordsアカウントを選択

Step5:
リマーケティングリストの条件を指定して保存を選択

 

以上がリマーケティングリストの作成手順となります。

このリマーケティングリストはディスプレイ広告やリスティング広告などで使用可能です。リマーケティングリストの作成条件は到達ページや、デバイス、直帰率などのディメンションが指定可能です。

よって、例えばコンバージョンページの一歩手前のページで離脱したユーザーのリマーケティングリストを作成しておき、広告を配信することでコンバージョンに至ってもらうなどの手法が可能となります。

このように、サイト訪問履歴のみならずユーザーがとった行動によって広告の出しわけが可能となるため、GoogleアナリティクスをDMPのように活用いただくことも可能となります。

参考:
DMPって何なの?気になる基礎知識とこれからの活用法を解説

Look-Alike(リマーケティング拡張について)

AdWordsにリマーケティングリストを作成すると、一緒に類似ユーザーリストが作成されます。これは、作成したリストに類似したユーザーをGoogleが格納しているユーザーデータから抽出し、作成する機能です。例えば、コンバージョンを達成したユーザーリストを作成すると、コンバージョンを達成するであろうユーザーを集めた類似ユーザーリストが作成されます。この機能により、よりコンバージョンに近いユーザーに対して広告を配信する事ができるでしょう。 

目標の連携

Googleアナリティクスで作成した目標はAdWordsにも連携が可能です。この機能により様々な目標をマーケティングのゴールとして扱うことができます。到達したページのみでなく、資料請求ボタンのクリックや動画再生、滞在時間もゴールとして扱えます。

他にも、Googleアナリティクスやjavascirptで設定できる項目であれば、AdWordsで目標として連携可能となります。

また、目標がないサイト、いわゆるブランドサイトの場合は「スマートゴール」を使うことができます。これは一定以上のAdWordsの流入数から上位5%のユーザーを「スマートユーザー」と見なします。このスマートユーザーの滞在時間やページビュー数をゴールとして扱い、良質なユーザーが訪問したかどうかを判別します。このスマートゴールもAdWordsに連携できるので、ブランドサイトのキャンペーンにおいてもコンバージョンを計測する事ができます。

DoubleClickと連携する

有償版のみの機能となりますが、DoubleClickとの連携も可能になります。連携できるツールはDoubleClickSearch、DoubleClickCampaignManager、DoubleClickBidManagerの3つです。 

特に効果を発揮するのは、DoubleClickCampaignManager(以下、DCM)の連携時です。理由は以下の2つです。

1.ビュースルーコンバージョンの計測が可能

通常、Googleアナリティクスでは流入したユーザーのデータしか計測しません。つまり、コンバージョンまでにサイト外で触れた広告の効果について測ることができませんでした。しかし、DCMを連携することで、クリックはしなかったが閲覧した広告による態度変容を計測する事が可能になります。

 

2.媒体を横断したコンバージョン計測が可能になる

通常、媒体のコンバージョンは対象の媒体に触れたユーザーのみを計測します。よって、

複数の媒体を使用している場合は各媒体のデータを収集して計算する必要がありました。一方、DCMは第三者配信システムであるため、他媒体に対してDCMを経由した広告配信が可能になります。これにより、DCM上ですべての媒体の広告データが計測可能になります。

また、DCMをGoogleアナリティクスと連携することにより、全媒体のアトリビューション分析やROI分析が可能となります。

まとめ

このようにGoogleアナリティクスは様々なツールと連携することによってマーケティングの効果を改善していくことが可能です。単体として使用するのではなく、各ツールの長所を組み合わせてマーケティング活動の改善に使用していただければと思います。

アナリティクスガイド編集部

アナリティクスガイド編集部

アナリティクスガイド編集メンバーが不定期で更新します。

ホワイトペーパーダウンロード

【今日から実行できる5つのマーケティングメソッド】

創業より10年以上、Webマーケティングの最前線で弊社が得てきた効果をあげるためのノウハウ(全83ページ)を無料でダウンロードできます。

コンテンツマーケティングはもちろん、本当に効果の出るWebマーケティングを実践できるマニュアルとなっていますので是非お気軽にダウンロードしてください。

この内容で送信します。よろしいですか?