Original

ECサイトの売上をGoogleアナリティクスで管理する方法

Googleアナリティクスは無料でアクセス解析が行えるツールですが、ECサイトの収益管理も行うことができます。これはeコマーストラッキングと呼ばれる機能で、ユーザーの商品購入数と売上、さらにマーケティング施策が売上につながったかを解析できます。

今回は、eコマーストラッキングを設定し、収益管理が行えるようになるまでをご説明します。 

eコマーストラッキングとは

eコマーストラッキングは、Webサイト上で発生した商品購入やその収益額を測定する機能です。eコマーストラッキングが設定されていれば、ユーザーがブラウザ上で「購入」ボタンをクリックすると、そのユーザーの購入情報がGoogleアナリティクスに送信されます。 そのためには購入情報をGoogleアナリティクスが取り込めるように設定する必要があります。以下が、Googleアナリティクスに送るデータとなります。

1.トランザクションデータ

ユーザーが商品を購入する時、トランザクションという処理が発生します。これはユーザーの商品購入単位と考えてください。

変数名 区分 説明
transactionId 必須 注文IDや管理番号
transactionAffiliation 任意 パートナーや販売店
transactionTotal 必須 合計金額
transactionShipping 任意 配送料
transactionTax 任意 税額
transactionProducts 任意 商品リスト

2.アイテムデータ

アイテムデータはその名の通り購入した商品情報を表します。商品名のほかに、商品のSKU(型番)も必要な情報です。アイテムデータの一覧は以下の通りです。

変数名 区分 説明
name 必須 商品名
sku 中途 商品の型番
category オプション 商品カテゴリ
price 必須 商品単価
quantity 必須 購入アイテム数

設定方法

次に、eコマーストラッキングを設定していきます。設定するにはアナリティクス側、そしてHTMLソースの2つの設定が必要になります。

1.アナリティクスの設定:eコマーストラッキング有効化

最初にアナリティクスのeコマーストラッキングを有効にします。設定したいビューを選択し、eコマースの設定 から、eコマースのステータスをオンにします。関連商品はAPIなどで商品情報を取得できるようになるツールですが、必須ではありません。

 

また、ビュー設定で通貨設定を日本円にしておきましょう。この2つでアナリティクス側の設定は完了です。次にページ側にeコマーストラッキングの設定を行っていきます。 

2.eコマーストラッキングをHTMLソースに設定

この設定には2つの方法があります。一つは、HTMLソースに直接コードを埋め込む方法です。ECサイトの購入完了ページに次のeコマーストラッキングのコードを設定しましょう。以下がコードの設定例となります。

 

<script>
ga('require','ecommerce');
ga('ecommerce:addTransaction', {
  'id': '111111',      
  'revenue': '10000',          
});
ga('ecommerce:addItem', {
  'id': '12345678',                    
  'name': 'PC',  
  'sku': 'PC00001',                    .
  'price': '100,000',             
  'quantity': '1'           
});
ga('ecommerce:send');
</script>

ga('require','ecommerce'); はeコマーストラッキングプラグインの読み込みを行っており必須設定となります。

次に、ecommerce:addTransactionコマンドでトランザクションデータをまとめて送信しています。ここで注意するのはIDです。この値はトランザクションごとに必ずユニークになる必要があります。もし重複が発生するとデータが上書きされてしまうため、乱数で設定する、日付+時刻を文字列で動的に設定してください。

続いて、ecommerce:addItemコマンドでアイテムデータをショッピングカートに追加します。コード例では1商品だけですが、商品が同時に購入された場合は複数のアイテムデータを記述することで、複数の売上データを送ることができます。

ショッピングカート内のすべてのe コマースデータを設定したら、最後に ecommerce:send コマンドでデータを Google アナリティクスに送信します。

3.eコマーストラッキングをタグマネージャで設定:

もう一つの方法はタグマネージャに設定する方法です。すでに設定されているタグマネージャでGoogleアナリティクスにデータを送ります。それには、サイト側でタグマネージャにトランザクションデータとアイテムデータを送る必要があります。手順は以下の通りです。

step1:
Googleタグマネージャにログイン。

step2:
商品購入ページ到達のトリガーを作成します。

step3:
トランザクションデータを送るタグを設定します。その際に、商品購入ページ到達 トリガーをタグに設定しておきます。

step4:
ユーザーが商品購入ページ到達時にタグマネージャへトランザクションデータと アイテムデータを送ります。コード例は以下の通りです。

<script>
dataLayer = [{
    'transactionId': '99999',
    'transactionTotal': 10000,
    'transactionProducts': [{
        'sku': 'M',
        'name': 'T-Shirt',
        'price': 1000,
        'quantity': 1
    }
}];
</script>

dataLayerとはタグマネージャが保持しているデータの入れ物と考えてください。タグマネージャからGoogleアナリティクスへトランザクションが送られた際は、dataLayerに入っているデータも同時に送られます。 

拡張eコマーストラッキング

eコマーストラッキングには拡張eコマーストラッキングという機能があります、その名の通り、通常のeコマーストラッキングよりも幅広い分析が可能となります。

拡張eコマーストラッキングで使える機能

購入が完了していないすべての商品の表示回数

従来のeコマース機能では、購入が完了した商品の購入プロセスしか記録されませんが、新機能では、購入が完了していない商品の購入プロセスがわかるようになりました。 どの商品が最も閲覧されているのか、どのくらいカートに追加(または除外)されたのかが把握できます。

商品軸の増加

従来のeコマース機能では商品情報を、「商品名」「SKU」「カテゴリ」の3つのフィールドで計測してきました。拡張eコマース機能では新たに、「ブランド」と「バリエーション」のフィールドが追加されています。 

プロモーションと特定の商品を紐付けた評価

 Google アナリティクスではeコマースサイトの外部で行われたキャンペーンを計測する仕組みがあっても、サイト内でのプロモーションを計測する仕組みがありませんでした。
拡張eコマースでは、サイト内のプロモーションコンテンツと商品のインプレッション数、クリック数を計測できます。これによってサイト内のプロモーションコンテンツなどのパフォーマンスを特定の商品と結びつけて分析・評価することができます。

拡張eコマーストラッキングの設定

拡張eコマーストラッキングの設定自体は容易ですが、従来のeコマーストラッキングを設定している場合は注意が必要です。本記事でご紹介したコードとは別のコードを設定する必要がありますので、設定に不備があれば正しく計測されなくなってしまいます。よって、十分なテストを行ってからリリースしましょう。

step1:
Googleアナリティクスで拡張eコマーストラッキング機能を有効にする。

step2:
商品購入完了ページに以下のコードを埋め込みます。

ga('require', 'ec');
ga('ec:addProduct', {
  'id': 'P12345',
  'name': 'T-Shirt',
'brand': 'AAA',
  'price': '2100',
  'quantity': 1
});
ga('ec:setAction', 'purchase', {
  'id': 'T12345678',
  'revenue': '2100',
});

従来のeコマーストラッキングとは異なるコードを埋め込む必要があります。 まず、ga('require', 'ec')でプラグインを読み込み、ga('ec:addProduct)でアイテムデータを作成し、ga('ec:setAction', 'purchase')でトランザクションデータを送っています。

step3:
商品検索結果で閲覧されたアイテムデータをGoogleアナリティクスに送信します。

ga('ec:addImpression', {
  'id': 'P12345',
  'name': 'T-Shirt',
  'brand': 'AAA',
  'list': 'Search Results',
  'position': 1,
});

ga('ec:addImpression')コマンドによって閲覧アイテムデータを送信しています。

まとめ

以上が、GoogleアナリティクスでECサイトを管理する方法です。初めの設定は少し難しいですが、無料で使えることと売上を高めるためのボトルネックを分析できるため、ECサイト管理者にとっては必須の機能と言えるでしょう。

 

アナリティクスガイド編集部

アナリティクスガイド編集部

アナリティクスガイド編集メンバーが不定期で更新します。

ホワイトペーパーダウンロード

【今日から実行できる5つのマーケティングメソッド】

創業より10年以上、Webマーケティングの最前線で弊社が得てきた効果をあげるためのノウハウ(全83ページ)を無料でダウンロードできます。

コンテンツマーケティングはもちろん、本当に効果の出るWebマーケティングを実践できるマニュアルとなっていますので是非お気軽にダウンロードしてください。

この内容で送信します。よろしいですか?