Original

Googleアナリティクスのリアルタイムレポートの見方と具体的な使い方

皆さんは、自分のホームページや自社のサイトにGoogleアナリティクスを活用されていますか?自社サイトにリアルタイムでどれくらいの人が見に来てくれているか気になることはないでしょうか。

今回は、Googleアナリティクスの機能の一つであるリアルタイムレポートについて、その基礎知識や基本的な使い方についてご紹介します。

リアルタイムレポートとは

Googleアナリティクスではさまざまなアクセス情報を閲覧することができます。特定のセグメントでデータを絞ったり、分析内容に合わせてレポートをカスタマイズすることも可能です。これらのデータは、月ごとや週ごとなど、ある一定期間での過去のデータを集計したものです。

もちろん過去データだけでも十分なアクセス解析は可能です。ただし、キャンペーンなどスピード感が求められるケースでは、いまこの瞬間のトラフィックがわからないため、物足りない部分があることも事実です。

こういったニーズに応えてくれるのが、リアルタイムレポートです。これはGoogleアナリティクスの機能の一つで、その名の通りリアルタイムでアクセスが確認できるレポートのことを指しています。

リアルタイムレポートについては、下の公式ページでも解説されています。併せてそちらもご覧ください。

参考:
リアルタイム分析でサイトとアプリのアクティビティを確認 - アナリティクス ヘルプ

 

リアルタイムレポートの使い方

それでは、リアルタイムレポートの使い方について見ていきましょう。

1.リアルタイムレポートを表示する


通常と同じく、Googleアナリティクスのダッシュボードを開いてください。画面の左側にメニューがあるので、その中から「リアルタイム」をクリックしてください。

 


サブメニューが表示されるので、その中から「サマリー」を選択してください。

 


上のように、リアルタイムレポートのサマリー画面が表示されたでしょうか。リアルタイムレポートはこのように、特別な設定をすることなく簡単に使うことが可能です。

2.サマリー画面の見方

リアルタイムレポートのサマリー画面の見方です。


「現在」と書いてあるところに、サイトを訪問しているユーザー数が表示されています。上の画像では「3」と表示されているので、いま現在3人のユーザーがサイトを訪問していることがわかります。

 


「現在」の下には、訪問者が使っているデバイスの内訳が表示されています。先ほどの画像では、3人のユーザーのうち2人がパソコンから、1人が携帯電話(スマホートフォン)からページを閲覧していることがわかります。

 


その右側には、「ページビュー数」と表記された棒グラフが表示されています。このグラフは横軸が時間軸になっていて、縦軸がページビュー数を表しています。棒グラフは分単位と秒単位の2つが並んで表示されているので、必要に応じて使い分けましょう。

 


レポートの下には、「上位の参照元」や「上位のアクティブ ページ」、「上位のソーシャル関連のトラフィック」、「上位のキーワード」、「上位の所在地」が表示されています。

3.サマリー以外のレポート

ここまで、リアルタイムレポートの「サマリー」ページに見方について見てきました。リアルタイムレポートにはこの他にも、「地域」や「トラフィック」、「コンテンツ」、「イベント」、「コンバージョン」などの詳細レポートも用意されています。

「地域」はリアルタイムでのアクセスデータを、地図上に表示してくれるレポートです。ページ数、またはスクリーン数を確認することができます。

「トラフィック」では、現在サイトを訪問しているユーザーの参照元が確認できます。

「コンテンツ」は、サイトを訪問しているユーザーによく見られているページが確認できるレポートです。

ユーザー数が多い順のイベントが閲覧、確認できるのが「イベント」レポートです。ユーザー数やユーザー総数における割合などが表示されます。

「コンバージョン」レポートでは、あらかじめ設定してある目標(コンバージョン)の効果がリアルタイムで確認できます。

4.注意点

リアルタイムレポートを使う上で、知っておくべき注意点もあります。

前半でご紹介したGoogle公式ページでも言及されているように、フィルタ設定には注意するようにしてください。リアルタイムレポートに「フィルタ」で設定した条件は反映されます。リアルタイムで自分がサイトにアクセスしたときに数値が出てこない場合はフィルタ条件に合致していないかを確認しましょう

 

また、新たにフィルタを設定してからリアルタイムレポートに反映されるまでに最大2時間かかります(公式ヘルプより)。フィルタが適用されているかをテストしたい場合は数時間置くと良いでしょう。

まとめ

今回はGoogleアナリティクスのリアルタイムレポートの使い方について解説しました。標準的なレポートの一つなので、設定の必要もなく、導入も簡単です。リアルタイムレポートを活用して、スピーディかつ柔軟なWeb運営につなげていきましょう。

アナリティクスガイド編集部

アナリティクスガイド編集部

アナリティクスガイド編集メンバーが不定期で更新します。

ホワイトペーパーダウンロード

【今日から実行できる5つのマーケティングメソッド】

創業より10年以上、Webマーケティングの最前線で弊社が得てきた効果をあげるためのノウハウ(全83ページ)を無料でダウンロードできます。

コンテンツマーケティングはもちろん、本当に効果の出るWebマーケティングを実践できるマニュアルとなっていますので是非お気軽にダウンロードしてください。

この内容で送信します。よろしいですか?