GoogleアナリティクスでURLが変わらないフォームの遷移を分析する方法

Googleアナリティクスでフォームの離脱を計測しようとしても、URLが変わらないフォームを使っていて、どうやって計測すればいいのか分からないというケースはよくあります。

 

そのようなURLが変わらないフォームでも、一工夫するだけでGoogleアナリティクスから分析できるようになります。

 

今回は、Googleアナリティクスでフォーム遷移を分析する方法をご紹介します。

 

URLの変わらないフォームとは?

ホームページ運営で最も大切なことは、ユーザーにアクションを取ってもらうことです。その中でもコンバージョンに直結するアクションが、フォームへの入力です。そのため、フォームの遷移を追うことはWeb担当者にとっては必須と言える業務です。

 

しかし、フォームの分析をするときに困ることがあります。GoogleアナリティクスはURLを元にアクセスを集計しているため、URLが変わらないフォームの遷移がわからないのです。これでは、フォームからの離脱やカゴ落ちなどの分析ができず、フォームの改善(EFO)につなげることができません。

 

今回、ご紹介するのはこういった時の対策方法です。フォームが複数ページにわたる一方で、URLが同一の場合に利用してください。その他にも、PDFダウンロードなどのアクションを、ページ遷移として計測することも可能です。

 

URLが変わらないフォームの遷移を分析する方法

まず、会員登録のフォームを例に出して話を進めていきます。会員登録ページ(フォーム)のURLは例として以下とします。

 

http://www.○○○.com/registration/

 

このフォームのURLが変わらないにも関わらず、複数ページから成り立っているとします。

 

  1. 基本情報ページ
  2. 詳細情報ページ
  3. 確認ページ
  4. 登録完了ページ

 

の4ページです。前述しましたが、全てのページでURLは同一です。

 

従来の方法だと、URLが同じなので基本情報ページで離脱したユーザーと、登録完了ページまで到達したユーザーの見分けがつきません。そういった場合の解決策として、仮想ページを使う方法をご紹介します。

 

1.仮想ページを設定する

前の4ページに対して、任意の文字列を使って仮想URLを設定していきます。

 

▼基本情報ページ
http://www.○○○.com/registration/basic

 

▼詳細情報ページ
http://www.○○○.com/registration/detail

 

▼確認ページ
http://www.○○○.com/registration/confirm

 

▼登録完了ページ
http://www.○○○.com/registration/completion

 

実際は1つのURLしかないのですが、この仮想URLをもとにアクセスを見分けていきます。

 

2.トラッキングコードを修正する

上で決めた仮想ページ(仮想URL)を、Googleアナリティクスのトラッキングコードに反映していきます。
上記の4ページでは、同一のトラッキングコードを設定しているはずです。トラッキングコードの中にある、下の1行を確認してください。

 

ga('send', 'pageview');

 

この部分を変更していきます。「基本情報ページ」の場合は、下のように仮想ページのURLを追加してください。

 

ga('send', 'pageview', '/registration/basic');

 

これで「基本情報ページ」のURLが計測できるようになりました。ページのタイトルも設定したい場合は、下記のように記述します。

 

ga('send', 'pageview', {'page': '/registration/basic', 'title': '基本情報ページ')};

 

同様に、他の3つのページのトラッキングコードも変更していきます。修正をした結果、下のようになったかと思います。

 

▼基本情報ページ
ga('send', 'pageview', {'page': '/registration/basic', 'title': '基本情報ページ')};

 

▼詳細情報ページ
ga('send', 'pageview', {'page': '/registration/detail', 'title': '詳細情報ページ')};

 

▼確認ページ
ga('send', 'pageview', {'page': '/registration/confirm', 'title': '確認ページ'});

 

▼登録完了ページ
ga('send', 'pageview', {'page': '/registration/completion', 'title': '登録完了ページ')};

 

※これはフォームの各ページが表示された時に、設定した仮想ページURLで既定のページ値を上書きしている操作になります。

 

以上で、URLが変わらないフォームの遷移が分析できるようになりました。設定した仮想ページビューが取れていることを、Googleアナリティクスから確認しておきましょう。

 

3.目標を設定する

上記で設定した仮想ページのURLは、Googleアナリティクスの目標機能で使うこともできます。目標を設定しておくことで、目標到達プロセスやゴールフローなどの機能でフォーム分析ができるようになります。併せて設定をしておくようにしましょう。

 

目標の設定方法については、下のページで詳しく解説しています。

 

▼関連記事:
Googleアナリティクスの目標機能を使ってコンバージョンを測定する方法

 

まとめ

今回はURLが変わらないフォームの遷移を、Googleアナリティクスを使って分析する方法について解説しました。設定しておくことで正しくコンバージョンの測定ができますし、ホームページの改善にも役立ちますので参考にしてみましょう。

 
アナリティクスガイド編集部

アナリティクスガイド編集部

アナリティクスガイド編集メンバーが不定期で更新します。

ホワイトペーパーダウンロード

【今日から実行できる5つのマーケティングメソッド】

創業より10年以上、Webマーケティングの最前線で弊社が得てきた効果をあげるためのノウハウ(全83ページ)を無料でダウンロードできます。

コンテンツマーケティングはもちろん、本当に効果の出るWebマーケティングを実践できるマニュアルとなっていますので是非お気軽にダウンロードしてください。

この内容で送信します。よろしいですか?