Googleアナリティクスのデータを使って課題を発見!サイトを改善した方法を「実況形式」で紹介

皆さん、Googleアナリティクスを使ってどのようにサイトを改善していますか?

Googleアナリティクスを活用した数値の見方や分析方法は、様々な記事で紹介されています。

しかし「こういうレポートを見て分析したほうが良いよ」ということだけで終わってしまうため、どういう手順で分析を行えば良いかということがなかなか見えません。

今回は「実況形式」で、どういう順番でどういうレポートをみて分析を行い、改善につなげたかを紹介いたします。

高額商品を販売しているECサイトが今回の対象サイトになります。

1.「あれ、売上落ちているなぁ」

どれどれ、今月の売上をチェックしてみるか!

うーん、なんか最近売上落ちていない?ちょっと1年前と比較してみるか。Google アナリティクスの比較機能を使って・・・と。

うわー下がっているなぁ。収益が-14%購入数が-22%、そしてコンバージョン率もそもそも減少している。

こりゃ、まずいなぁ。先月もなんか似たような感じだったし。

なんでこんな事になっているのだろう??

一時的なものならいいんだけど、このまま売上減少しちゃうときついなぁ。

もしかして、そもそもサイトへの流入数が減っているのかな?ちょっと流入量を確認してみるか。

2.流入とコンバージョンを確認してみるか

主要な流入元ごとの流入を比較してみるか。集客の中の参照元/メディアレポートをチェックっと。

どれどれ。合計で見ると+15.33%と増えているなー。リスティング(cpc)は予算内での効率化もだいぶ進み、流入数はしっかり増えているね。

自然検索はどうかな?お、こちらも増えているね。よかったよかった。

直接流入は少し減っているけど、流入には問題なさそう。では、流入元ごとの購入率はどうかな?