Googleアナリティクスの「ベンチマーク」を集計して見えてきた意外な特徴

こんにちは。小川卓です。

Googleアナリティクスには「ベンチマーク」という機能があります。

こちらの機能を利用すると、業種×国(県)×サイト規模の組み合わせで、セッション数・新規率・ページ/セッション・平均滞在時間・直帰率などの「ベンチマーク」を見ることができ、自分のサイトと比較をすることができます。

上記の画像の例では、「Internet & Telecom(インターネット、情報通信)のカテゴリ、日本国内かつ一日の平均セッション数が「100-499」の場合の数値を表示してくれます。
このように、自分のサイトの数値は他サイトと比較して良いのか、悪いのかを判断するのに便利だったりします。

今回は、最初にこの「ベンチマーク」の仕組みを紹介します。ページの最後には表作成のローデータもダウンロード出来るようにしてあります。ぜひ活用ください

そして、後半からは「日本」の業種やサイト規模ごとの数値を見ながら、傾向などを発見していきます。

「ベンチマーク」機能を理解する

ベンチマークの機能は、Google アナリティクスを使ってデータを計測しているサイトのデータを匿名でGoogleが利用することで、ベンチマーク(基準値)を表示するための機能です。こちらのレポートを見るためには、自分のサイトのデータも匿名で提供する必要があります。

設定は以下の項目から行います。

  • 「アナリティクス設定」レポート内の「アカウント設定」を選択

  • 「データ共有設定」の中にある「ベンチマーク」にチェックを入れる

これでレポートを確認できるようになります。レポートは「ユーザー」メニュー内の「ベンチマーク」からアクセスすることができます。

なお、自分のサイトの業種に関しては、「アナリティクス設定」レポート内の「プロパティ設定」を選択し、その中にある業種から1つ選択をしてください。

 

なお、プロパティ画面では業種が日本語名になっていますが、ベンチマークのレポートでは英語名となっているのに注意が必要です。対応表は以下の通りとなります(2016年5月現在)

「ベンチマーク」の仕様を理解する

ベンチマークでは、業種・国・サイト規模を選んでベンチマークを表示することができます。それぞれの項目を確認しておきましょう。