これは使える!Googleアナリティクスに搭載された「ユーザー単位」で全ての行動が追える「ユーザー エクスプローラー」徹底解説(レポート活用編)

こんにちは、小川卓です。

前回はGoogleアナリティクスに追加された「ユーザー エクスプローラー」の機能を紹介しました。
ユーザー(厳密にはクライアントID単位)でユーザーの動きを追うことができるというレポートです。

今回は、この「ユーザー エクスプローラー」の機能をどうやって活用するべきかを紹介していきます。

※前回記事
徹底解説!Googleアナリティクスに搭載された「ユーザー単位」で全ての行動が追える「ユーザー エクスプローラー」とは(レポート理解編)

注意点:なんとなく見ても気づきは得られないレポートの代表

本レポートは、ユーザー単位で行動を追えることが便利である側面、細かすぎるというデメリットもあります。
つまり、このレポートを「木を見て森を見ず」ということに陥りやすいレポートでもあります。

理想的な動きをしてくれるユーザーを発見したとしても、それに満足してしまってはいけませんし、そのようなユーザーをどうやって増やすかという改善に繋がらなければ意味がありません。

そこでオススメしたいのが「仮説立て⇒木を見る⇒林を見る」という3つのプロセスでの活用方法になります。

仮説立て⇒木を見る⇒林を見るの3プロセス

STEP1:まずは仮説を立てる

仮説を立てるといっても難しいことではありません。

「こういったユーザーの動きを見てみたいな」という条件を決めるという事と同義です。

例えば、

ECサイトで商品を沢山買ってくれるユーザーの分析を行いたいのであれば、「月に5回以上購入した人」あるいは「月に50,000円以上使った人」という条件を決めます。

あるいは、

購入に近いけど購入をしていないユーザーの分析を行いたいのであれば、「商品をカートに入れて購入プロセスを開始したけど、完了していないユーザー」といった条件を決めるのが良いでしょう。

分析したいユーザー、あるいは、改善を行いたいページや機能などを念頭に入れてまずは仮説立てをします。
そして、これらのユーザーを特定するためにGoogleアナリティクスのセグメント機能を使ってセグメントを作成しましょう。

■カートから決済に進んだけど、未購入だったユーザーというセグメントを作成している図