Google アナリティクスの「ページ解析 & Page Analytics」と「拡張リンクアトリビューション」機能を使って視覚的にリンクの位置を確認しよう

 

 

こんにちは、小川卓です。

Google アナリティクスには「ナビゲーションサマリー」というレポートがあり、こちらのレポートを確認すると、あるページにどこから来たのか、そしてどのページに移動したのかを確認することができます。

行動>サイトコンテンツ>すべてのページ>ナビゲーションサマリー

 

 

こちらのレポートはページ間の遷移を見るために非常にわかりやすいのですが、以下2つの課題があります。

1つ目はURLだけだとページ内にあるどのリンクをクリックしたのかが分かりづらいという事。例えば上記の例であれば、/144341のページがどこにあるのか、対象ページを自分の目で見て探さないといけません。
もう1つの課題は、Topページから同一ページへのリンクが2か所以上ある場合、どのリンクが何回クリックされたのかが区別つかないという事です。

この2つの課題を解決するために「ページ解析 & Page Analytics」と「拡張リンクアトリビューション」を有効活用して、より分かりやすいリンク計測を行いましょう。

 

リンクを視覚的に見やすくする

 
Google アナリティクスには「ページ解析」というレポートが用意されています。こちらのレポートを選ぶことで、視覚的にどこがクリックされているかを確認できるようになります。
 
サイトコンテンツ>すべてのページ>ページ解析

 

「ページ解析」のタブを選ぶと、ページが読み込まれ、該当期間でクリックがあったリンクとその回数を視覚的に見ることができます。

 
※筆者注:レポート画面でエラー表示などが出る場合は、管理メニューから「プロパティ設定」を選び、ページ下部にある「ページ解析を開始」のオプションを「レポート内表示(推奨)」から「フルビュー モード」に変更することで、別タブで表示できるようになることがあります。

こちらのレポートを利用することで、リンクの位置とそのクリック数や率を視覚的に確認ができるようになります。そして本レポートでは「成果への貢献」も確認することができます。