Googleアナリティクスで特定のディレクトリのみ共有する方法

 

 

Googleアナリティクスを使ってアクセス解析をしていると、社内外でアクセス解析データを共有することもあるかと思います。しかし、セキュリティ面を考えても、共有するのは必要なデータだけにしておきたいもの。

そんな時におすすめなのが、一部のディレクトリのデータのみ共有する方法です。共有するデータを絞ることができるので、シーンに応じて適切な共有が可能になります。

それでは、早速その方法を説明していきます。

特定のディレクトリのみ共有する3つの方法

特定のディレクトリのみ共有するには、複数の方法があります。ここでは、3つの方法をご紹介していきます。それぞれ長所・短所があるので、ケースバイケースで使い分けていってください。

1.カスタムレポートを使う方法

最初の方法は、カスタムレポートを使って共有をする方法です。

はじめに、共有用のカスタムレポートを作成しましょう。Googleアナリティクスのトップから「カスタム」を選択。表示された画面で「+ 新しいカスタムレポート」をクリックして、共有用のカスタムレポートを作成します。

次に、作成したカスタムレポートをエクスポートします。

エクスポートする方法は何通りかあるのですが、ここではメールでエクスポートしていきましょう。

先ほど作成したカスタムレポートを表示した状態で、画面上の「メール」をクリックします。

ダイアログが表示されるので、送信先のアドレスや送信頻度を指定して「送信」ボタンを選択。これで完了です。

この方法のメリットは、共有先の相手がGoogleアカウントを持っていなくても大丈夫なことです。また、共有相手が外注先の場合などセキュリティを意識しなければいけない場合に最適と言えます。コードを編集する必要もないので、カスタムレポートをつくることが面倒でなければ一番おすすめの方法です。

2.ビューを分ける方法

Google アナリティクスでは、同一のプロパティであっても、ビューを使うことで閲覧できるデータに制限をかけることができます。

※ビューにフィルタをかけると、データを元に戻すことができません。フィルタをかける前に、必ずビューの複製をしておくようにしてください。

はじめに、サイト全体のビューから、フィルタをかけるためのビュー(共有用のビュー)を複製します。Googleアナリティクスの「アナリティクス設定」をひらいたら、画面右側の「ビュー設定」から「ビューをコピー」を選択します。ビューの名称を入力して、複製を行います。

次にするのは、フィルタの作成です。

複製したビューを選択した状態で、「フィルタ」をクリック。「+ フィルタを追加」を選択して、共有用のフィルタを作成しましょう。「フィルタの種類」の項目には次のように指定してください。フィルタを保存すれば、複製したビューにフィルタがかかります。

フィルタの種類:定義済み
フィルタの種類を選択:右のを含む
参照元かリンク先を選択します:サブディレクトリへのトラフィック
式を選択します:等しい
サブディレクトリ:/(ディレクトリの名称)/

最後に、作成したビューを共有しましょう。上でつくったビューを選択した状態で、ビューのメニューから「ユーザー管理」をクリックしてください。

表示された画面の「権限を付与するユーザー」欄に共有相手のメールアドレスを入力、権限を指定して「追加」をクリックします。ここで指定されたユーザーは、Googleアナリティクスから共有対象のディレクトリのみ閲覧できるようになります。

この方法のデメリットは、ビューの操作に失敗したらデータを元に戻せないこと。3番目の方法のように、HTMLを編集する必要がないのは良い点です。しかしGoogleアナリティクスの操作に慣れていない方は、1番目の方法にした方が無難でしょう。

3.トラッキングコードを分ける方法

 

Googleアナリティクスを導入するとき、各ページのHTMLにトラッキングコードを貼りつけたかと思います。Googleはこのトラッキングコードを使って、ホームページのアクセスデータを収集・解析しているのです。このトラッキングコードを利用するのが、3つ目の方法です。手順を見ていきましょう。

まず、トラッキングコードを2種類用意します。共有用のトラッキングコードと、共有しないページに設定する社内用のトラッキングコードです。トラッキングコードの発行は、「アナリティクス設定」の「新しいプロパティ」から行います。

次に、共有対象のページに共有用のトラッキングコードを、共有しないページには社内用のトラッキングコードを貼りつけていきます。HTMLの<head>タグ内に貼りつけていってください。全てのページにトラッキングコードを貼りつけることを忘れずに。

 

最後に、ユーザーを追加します。共有用のプロパティを選択した状態で、プロパティのメニューから「ユーザー管理」を選択します。2つ目の方法と同じように、共有相手のメールアドレスを入力して権限を指定します。「追加」をクリックすれば完了です。

 

Google アナリティクスから自由にデータを閲覧してもらえることが、この方法のメリットです。

一方で、HTMLを編集する必要があるのがデメリットでしょう。コーディングに慣れていない方にとっては、少しハードルが高いかもしれません。

なお、トラッキングコードは1つのページに2つ以上埋め込むことも可能です。コードのカスタマイズが必要になるため、ここでは割愛します。

まとめ

Google アナリティクスには他にも便利な機能がたくさんあります。うまく活用して、ホームページ運営に活かしていってください。

 

小川 卓

小川 卓

ウェブアナリストとして、マイクロソフト・ウェブマネー・リクルート・サイバーエージェント・アマゾンジャパンで勤務後、フリーに。複数社のChief Analytics Officerとして活動する傍ら、個人でもコンサルティング・勉強会・執筆などの活動を行っている。 主な著書に「ウェブ分析論:増補改訂版」「ウェブ分析レポーティング講座」「漫画でわかるウェブ分析」「Webサイト分析・改善の教科書」など。

ホワイトペーパーダウンロード

【今日から実行できる5つのマーケティングメソッド】

創業より10年以上、Webマーケティングの最前線で弊社が得てきた効果をあげるためのノウハウ(全83ページ)を無料でダウンロードできます。

コンテンツマーケティングはもちろん、本当に効果の出るWebマーケティングを実践できるマニュアルとなっていますので是非お気軽にダウンロードしてください。

この内容で送信します。よろしいですか?