これは必読!Googleアナリティクスの「アクティブユーザー」を使ってユーザー行動の予知・分析する方法

 

こんにちは、小川卓です。
Google アナリティクスで利用できるレポートの「アクティブユーザー」ですが、検索をしてみると、ほとんどが「リリースされました」という記事でした。

そこで、この「アクティブユーザー」レポートはどう使えばよいのかを紹介します。
少しマニアックなレポートですが、実はこんな使い方もありますよというのが、お伝えしていきます。

そもそも「アクティブユーザー」レポートとは?

アクティブユーザーレポートとは、サイトをどれだけのユーザーが継続的に利用しているかを図るための一つの手法です。以下はあるサイトのアクティブユーザーのレポートです。

ユーザー>アクティブユーザー

から見ることができます。

1日・7日・14日・30日のアクティブユーザーの数値になります。画像の下に出ている数値は、最後の日付の数値が出ています(ここでは7月31日)。この数値の意味は以下の通りです。

1日のアクティブユーザーは、単純に「その日のユーザー数」と一致します。
7日のアクティブユーザーは、「その日を含む、過去7日の間に一度でも訪問があったユーザー数」です。
具体的には、2016年7月25日~31日のデータになります。14日や30日に関しても考え方は同様です。定義上、

1日のアクティブユーザー数 < 7日のアクティブユーザー数 < 14日のアクティブユーザー数 < 30日のアクティブユーザー数

という関係が成り立ちます(計測開始直後は除く)。

本レポートに関しては、他のレポートと同じようにセグメントをかけることもできます。では、このレポートをどう見て、気付きやサイト改善に繋げればよいのか?具体的に確認してみましょう。

ユーザーの行動を予知する

以下はあるサイトの約2年分の「1日のアクティブユーザー数」の推移です。ここからどのような気づきがあるでしょうか?

単純に数値だけ見ると、訪問者数の減少は時々あるものの、しっかり増加していることが分かります。では、7日・14日・30日も追加してみましょう。今度はどのような気づきがあるでしょうか?

 

※下から1日・7日・14日・30日

先ほどの1日とは大きな違いがあることがわかります。

具体的には、2014年9月~11月にかけて、7日・14日・28日のアクティブユーザー数が減少していることが分かります。その後また数値は伸び続けるのですが、2014年9月がピークであったことが見てとれます。実際にこの期間で、1日のアクティブユーザー数は3割減少していますが、28日のアクティブユーザー数で見ると、6割以上減少していることがわかります。

このようにちょっとした日々の訪問者の変化が、その後の「継続的な利用者数」に大きな影響を与えることがあるという事が分かります。

また同箇所を細かく見るとわかるのですが、減少が起きるのは、1日のアクティブユーザー数が最初で、その後7日・14日・28日が遅れて減少することが分かります。つまり、減少の予兆は期間が短いほうが早く把握することが出来、そのインパクトの大きさに関しては期間が長いほうが大きいという事です。

例えるなら、バケツに穴が空いて少しずつ水が漏れていたのが、1か月経ったら大量に水が抜けていたというようなイメージでしょうか。

見た目の減少で今回は気付きを発見しましたら、定量的に見ることも重要です。本レポートをダウンロードしてExcelで以下のようなグラフを作成してみました。