Web担当者必見!Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携して、流入キーワードの詳細を把握しよう!

こんにちは、小川卓です。

Googleアナリティクスは様々なGoogleのサービスと連携することができます。今回紹介するのは「サーチコンソール」との連携です。

サーチコンソールはGoogleが提供している、ウェブサイトの管理向けツールです。クローリングやエラー情報、そしてGoogle アナリティクスでは取得が困難なキーワードの検索回数・クリック数・クリック率・平均掲載順位などを確認することができます。

このデータをGoogle アナリティクスと連携することでより細かい分析ができます。

今回は、その連携方法とどういうデータを見ることができるかを紹介いたします。

※参考:Googleサーチコンソール

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携方法

サーチコンソール内で連携したいサイトを選び、歯車のアイコンから「Google アナリティクスのプロパティ」を選択します。

ログインしているアカウントに紐づいているGoogle アナリティクスのプロパティを選んで「保存」を押すと紐づけが完了です。

これでGoogle アナリティクス内に、サーチコンソールでみられた検索関連のデータ(+α)を見ることができます。

 

Google アナリティクス内で見ることが出来る4つのレポート

レポートは

「集客」内「Search Console (ベータ版)」

で確認することができます。合計4種類のレポートが用意されています。

それぞれのレポートを確認してみましょう。

ランディングページレポート

ランディングページでは、Googleの自然検索から流入があった際に、どのページに流入したかを確認できます。

このレポートではサーチコンソールとGoogle アナリティクスが連携することで

  • 表示回数
  • クリック回数

などの集客データと、コンバージョンを含むサイト内の行動を紐づけて見ることができます。

上記の画像を見ての通り、eコマース(や目標)との連携が出来るため、ランディングページの観点から自然検索の成果を測定することができます。

サーチコンソールでは、キーワード単位の

  • 表示回数
  • クリック数
  • CTR
  • 平均順位

しか見ることができませんでしたので、効果測定が中途半端でした。

たとえサイト内の目標数が少なくても、直帰率なども見ることができるので、SEOの観点で改善するべきランディングページなども明確になります。

国レポート

ランディングページの部分が国に置きかわったレポートです。指標が変わった以外は、取得出来るディメンション(列)はランディングレポートと一緒です。

国名をクリックしたら、都道府県別にみることができる…というわけではなく、その国に絞り込まれた状態でのランディングページを見ることが可能です。

デバイスレポート