Web担当者必見!Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携して、流入キーワードの詳細を把握しよう!

こんにちは、小川卓です。

Googleアナリティクスは様々なGoogleのサービスと連携することができます。今回紹介するのは「サーチコンソール」との連携です。

サーチコンソールはGoogleが提供している、ウェブサイトの管理向けツールです。クローリングやエラー情報、そしてGoogle アナリティクスでは取得が困難なキーワードの検索回数・クリック数・クリック率・平均掲載順位などを確認することができます。

このデータをGoogle アナリティクスと連携することでより細かい分析ができます。

今回は、その連携方法とどういうデータを見ることができるかを紹介いたします。

※参考:Googleサーチコンソール

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携方法

サーチコンソール内で連携したいサイトを選び、歯車のアイコンから「Google アナリティクスのプロパティ」を選択します。

ログインしているアカウントに紐づいているGoogle アナリティクスのプロパティを選んで「保存」を押すと紐づけが完了です。

これでGoogle アナリティクス内に、サーチコンソールでみられた検索関連のデータ(+α)を見ることができます。

 

Google アナリティクス内で見ることが出来る4つのレポート

レポートは

「集客」内「Search Console (ベータ版)」

で確認することができます。合計4種類のレポートが用意されています。

それぞれのレポートを確認してみましょう。

ランディングページレポート

ランディングページでは、Googleの自然検索から流入があった際に、どのページに流入したかを確認できます。

このレポートではサーチコンソールとGoogle アナリティクスが連携することで

  • 表示回数
  • クリック回数

などの集客データと、コンバージョンを含むサイト内の行動を紐づけて見ることができます。

上記の画像を見ての通り、eコマース(や目標)との連携が出来るため、ランディングページの観点から自然検索の成果を測定することができます。

サーチコンソールでは、キーワード単位の

  • 表示回数
  • クリック数
  • CTR
  • 平均順位

しか見ることができませんでしたので、効果測定が中途半端でした。

たとえサイト内の目標数が少なくても、直帰率なども見ることができるので、SEOの観点で改善するべきランディングページなども明確になります。

国レポート

ランディングページの部分が国に置きかわったレポートです。指標が変わった以外は、取得出来るディメンション(列)はランディングレポートと一緒です。

国名をクリックしたら、都道府県別にみることができる…というわけではなく、その国に絞り込まれた状態でのランディングページを見ることが可能です。

デバイスレポート

他の2つのレポートと一緒ですが、指標がデバイス(desktop / mobile / tablet)となっています。

やはりデバイス名をクリックすると、そのデバイスでのランディングページ一覧が表示される形になっています。

なお、これら3つのレポートに関しては、限られた指標ではありますが、「セカンダリ ディメンション」を活用することができます。例えば曜日との掛け合わせも可能です。

またセグメント機能を利用することが出来るのですが、セグメントをかけると「集客」の部分は全て0になってしまいます。具体的には「表示回数」「クリック率」「CTR」「平均掲載順位」の項目がゼロになるので、実質セグメントは現在使えないという理解で問題ありません。

検索クエリ

サイトに流入があった日別上位1,000件のランディングページに流入したキーワードのデータを確認することが出来ます。

こちらのレポートのみ、

  • 表示回数
  • クリック数
  • クリック率
  • 平均掲載順位

しか表示されず、サイト内コンバージョンとの紐づけは行われないことに注意が必要です。

※カスタムレポートで「検索クエリ」を使って、目標やeコマースなどを追加しても表示することができません。

また、

集客>キャンペーン>オーガニック検索キーワード

のレポートではキーワードとコンバージョンが紐づいているため成果への貢献を見ることができますが、こちらでは(not provided)が流入の大半を占めてしまうため使い分けが必要です。

まとめ

Google アナリティクス × サーチコンソールの連携により、「Googleの自然検索経由」のランディングページとサイト内のデータが紐づくようになりました。そのため、GoogleのSEOという観点からは、どのランディングページへの流入を増やすべき、あるいは、改善が必要か、成果に貢献しているか?などを確認できるようになり、分析&改善が少し行いやすくなりました。

また、コンテンツ追加等によりSEO施策が、どのランディングページに影響を与えているかなどもチェックができます。

願わくは、検索クエリのデータとサイト内の行動データが紐づくと、更にキーワード単位での流入ではなく、コンバージョンの最適化が出来るはずです。そういった意味では、数年前まで見ることができた(not provided)が無い状態での「オーガニック検索ワード」レポートの再現までは出来ません。

しかし、連携をすることでサイト改善のヒントが増えたことは間違いありません。まだ連携をしていない方は、この機会に連携をして、自社アカウントでもチェックをしてみましょう!

小川 卓

小川 卓

ウェブアナリストとして、マイクロソフト・ウェブマネー・リクルート・サイバーエージェント・アマゾンジャパンで勤務後、フリーに。複数社のChief Analytics Officerとして活動する傍ら、個人でもコンサルティング・勉強会・執筆などの活動を行っている。 主な著書に「ウェブ分析論:増補改訂版」「ウェブ分析レポーティング講座」「漫画でわかるウェブ分析」「Webサイト分析・改善の教科書」など。

ホワイトペーパーダウンロード

【今日から実行できる5つのマーケティングメソッド】

創業より10年以上、Webマーケティングの最前線で弊社が得てきた効果をあげるためのノウハウ(全83ページ)を無料でダウンロードできます。

コンテンツマーケティングはもちろん、本当に効果の出るWebマーケティングを実践できるマニュアルとなっていますので是非お気軽にダウンロードしてください。