すぐに活用!ExcelからGoogle アナリティクスのデータを直接取得!楽に集計・分析が出来る無料プラグイン「Analytics Edge」(活用編)

 

1. 定型レポート作成の効率化

Google アナリティクスのデータを活用して定期的にレポートを作成している方も多いのではないでしょうか?

目標やKPIを評価するための週次レポート、広告の結果を確認するための集客レポート、アクセス数が多い、あるいはコンバージョンに寄与している記事の評価レポートなどがその一例ではないでしょうか。

今までの方法ですと、画面からデータをダウンロードしてきて、それを開き、コピーして、所定の位置に貼り付ける作業を延々と繰り返したり、定期的にメールで送るようにしてそれを開いてコピペしたりといった手間が発生します。
そしてこれはもちん時間もかかるし、ミスの原因にもなってしまいます。

しかし、Analytics Edgeを活用すれば必要なデータを一括で簡単にとってくることができます。
例えば以下のような日単位の主要指標のデータ取得は、10秒以内に取得が終わります。

取得項目も自由に選ぶことが出来る、かつセグメントごとにレポートを作成しておけば、画面上でセグメントを入れ替えたりする手間もないのでデータが取得がかなり楽になります。

そして、もちろんExcelで取得しているからこそ、この取得してきたデータを参照してのグラフ作成なども楽になります。データを取得しているエリアを参照してグラフのデータ範囲をしておけば、データ更新するだけでグラフも作成完了。