Web担当者必見!Googleアナリティクスで目標をサクッと設定をする方法

 

Googleアナリティクスを利用しているならば、目標設定(ホームページで目標としている成果を計測する設定)は欠かせません。

しかし、重要な設定の割りにちゃんと設定が出来ていない人が意外と多いようです。

今回は、初心者で目標設定が出来ていない人でも簡単に導入出来るように解説していきます。

なぜ目標を設定する必要があるのか?

あなたはホームページを運営する際に、重要なことは何だと思いますか。

デザインでしょうか。更新頻度でしょうか。集客でしょうか。どれも大切です。しかし、まず何よりも目標を持つことが重要です。

例えば、旅行を例に考えてみると分かりやすいです。

旅行には当然目的地が必要です。目的地が決まらなければ、宿泊先を比較することも出来ませんし、交通手段を決めることも出来ません。

目的地を決めずに旅行に行くことは出来なく無いですが、どこに着くか分からず旅が楽しい物にならない可能性があります。

ホームページの運営でもそれは同じです。

  • 売上をあげたい
  • 問合せ数をあげたい
  • ソーシャルでの拡散を増やしたい

このような具体的な目標を設定することで、それを実現するための手段が生まれてきます。

Googleアナリティクスの目標機能で成果を計測する

Googleアナリティクスには、目標という機能があります。目標を設定すると、ホームページで目標としている成果を測定することが出来るようになります。
成果が測定出来るようになると、ホームページのパフォーマンス(健康状態のようなもの)がわかるようになります。

また、目標は複数設定出来ます。計測したい目標に合わせて、設定を行うと良いでです。

「目標」について、Googleアナリティクスヘルプにも詳しく書いてあるので読んでみると理解が深まるはずです。
※参考:目標について - アナリティクス ヘルプ

では、具体的に目標を設定する流れを見ていきましょう。

目標の設定方法

 
Googleアナリティクスにログインし、上部メニューの「アナリティクス設定」から、「目標」を選択します。
 
 

「+新しい目標」を選択します。
これで、目標の設定をする準備が整いました。これから、具体的にどんな目標を設定するのかを決めていきます。

目標の設定方法には全部で3種類の設定方法があります。

  • テンプレートから設定する
  • スマートゴールで設定する
  • カスタムして設定する

ここでは、よく使われる目標設定が「テンプレート」として登録されています。それ以外にも自分で細かく設定する「カスタム」や、使用条件が揃っているときだけ使える「スマートゴール」を選ぶことが出来ます。

それぞれやり方を見ていきましょう。

1.テンプレートから設定する

今回は、テンプレートの「問い合わせ」を選択してみましょう。

目標の設定は3STEPで行っていきます。まずは赤枠の部分を設定していきましょう。

問い合わせを選択し、続行を押すと、STEP2の「目標の説明」が表示します。

 

名前:
あとで見ても分かるように、分かりやすい目標の名前を設定します。

目標スロットID:
設定したい目標を保存するスロットを選択します。

タイプ:
4種類の目標タイプから選ぶことが出来ます。

タイプ 説明
到達タイプ 指定したページに到達したことを成果としたい場合
滞在時間 一定時間そのサイトに滞在していることを成果としたい場合
ページビュー数/スクリーンビュー数(セッションあたり) 一定のページ数を見たことを成果としたい場合
イベント 事前に設定した操作を成果としたい場合

今回は到達ページを選択していきます。それ以外の目標設定も記事後半で解説しています。

最後に設定するのが「目標の詳細」です。ここでは、成果とするものを具体的に設定するところになります。

今回は、/order/thanks.html へアクセスがあれば、成果として計測するよう設定です。

到達ページ:
成果とするページを指定します

値:
1回の成果に対して金額を設定することが出来ます

目標到達プロセス:
成果が発生するまでのルートを登録することが出来、そのルートのどこで離脱してしまっているかを下図のように可視化することが出来ます